子育て家族の車選び体験、パパママの車レビュー

小学生以下のお子様のパパママに、車を購入した際の体験談と車のレビューを書いてもらいました。子育て中のご家庭の車選びの参考にしてください。

taroha-0301さんの投稿
2016年07月22日 12時58分30秒
職業はサラリーマンです。年代は30代後半になります。地域は甲信越地域に在住です。子供の年齢は5才です。趣味は運動全般、および読書です。
 
【画像提供:カーセンサーnet 】

トヨタ アクア 2012年式

甲信越地域に在住しています。家族構成は、3人家族(父、母、長)です。利用用途しては、祝日のレジャー用(遠出にも活用)、保育園の送り向かいなどがメインとなっています。

車選びで重視した点

車選びにあたって重視した点は大きく4点あります。1点目は燃費がよいことです。車を2台所持する必要があり、一方の車は燃費がよくなかったため、家庭の出費を抑えることからも燃費を重視します。

2点目は、運転上小回りがきくことです。車の運転に自信がないため、3人が乗れる程度の大きさで、車庫入れなどで車体の大きさを気にせず、適度に小回りが利くことを重視します。

3点目は、購入金額です。予算内の金額でなければ経済的にも余裕がないため購入できなったことと、ローンを組んでまでして購入するつもりはなかったためです。4点目は新車であること。過去に中古車を購入して、痛い目にあったという他人の経験談も気になったことと、パートナーは新車がいいということもあり、新車であることを重視しました。

アクアを選んだ決め手

決め手としては、重視した4点全てに合致する車であったことと、購入先のご担当者様がとても親切に対応してくださったことと、いろいろな点で配慮して頂いたことが一番の決め手となります。乗り心地や、小回りのよさなどは、購入を検討した他の車と比較してもあまり大差はないです。

見積もり額についても、購入車が最も値引き率が低く、安くはなかったのですが、予算内に収まったことと、燃費という点では、将来のライフサイクルコストを考慮するとダントツでよいということを考慮しています。

購入を検討した他の車としては、トヨタのプリウス、本田のフィット、マツダのデミオ、および軽自動車全般が候補としてあがっていました。

走行性能

ハイブリッド車ということもあり、坂道をストレスなく走行できるか気になりましたが、ストレスなく加速してくれます。高速道路での追い越し車線に入ってからの加速についても同様であり、購入当初はあまり期待していませんでしたが、期待以上の性能があるという認識です。

アクセルはべた踏みしなくとも、普通車と同様の加速感を感じます。

積載性

トランクの大きさもそれなりにあり、荷物をのせるにあたり不自由したことはないです。子供のチャイルドシートを積んでいますが、買い物や旅行などで荷物が乗り切らず、困ったこと、不快に感じたことはありません。

また、最近では子供の自転車を乗せて遠出することもあります。後部座席を倒すことで18インチくらいの自転車1台であれば十分乗せることも可能です。

燃費

期待通りの燃費が出ています。平均してリッターあたり25は出ています。冬場は暖気するシーンも多く、若干燃費も下がりますが、それでも十分なパフォーマンスを発揮してくれています。ガソリンの補充タイミングとしては、平均して1か月に1度の頻度になります。

運転の仕方によって変わってくることではありますが、一般道路を走っているときのほうが燃費がよく、高速道路を走っている時のほうが燃費が悪いようです。

アクセルを踏み込み過ぎると当然燃費は悪くなりますが、それでも20以上は出ています。燃費を意識して省エネ運転をした場合は、30~35は出ます。

乗り心地

エンジン音がほとんどしないため、とても静かで快適です。直進する時、カーブを曲がる時なども特に乗り心地で違和感を感じたこともないです。

高速道路での運転においても、スピードによる大きな違和感もなく一般道路を走行している時と同じ乗り心地です。過去に乗っていた車では、ゴツゴツとした乗り心地があったり、乗り心地に少し硬さを感じるものがありましたが、現在の車ではそのような感覚を感じることもないです。

例えとして適切かどうか分りませんが、新幹線に乗っているときと同じような感覚を覚えます。シートの座り心地に関しては、過去に乗っていた車と比べて特に何かが劣ると感じることもないです。

お気に入りの点

マイカーについてお気に入りの点は、まずはなんといっても燃費です。現在の車に乗る前までに車を3台乗り換えてきましたが、燃費はダントツによいです。

少なくとも、これまでの乗ってきた車では、そろそろガソリンを入れなくてはいけないと感じる時期に燃料メーターを確認すると、まだ半分以上燃料が残っています。車を複数保持する必要性があり、ガソリン代を気にされる方であれば、候補の一つとしてご検討されることをお勧め致します。

次にエンジン音がほとんどしないという点です。とても静かなので、運転をしている時も心が落ち着きますし、車内の音響が以前よりかなりよくなりました。

次に、運転する時、意外にハンドリングがしっかりしている点です。運転当初は比較的軽い感じがしたので、ハンドルをもっていかれることもあるかもしれないと気をつけていましたが、そのようなこともなく、コーナーを曲がるときも快適に曲がることができます。

重視していた小回りのよさに関しても申し分なく、体の一部とはいかないまでも、その感覚に近いコントロールができます。よって、狭い道や駐車場もあまり気を使わずに対応することができます。

また、細かいことではありますが、サイドミラー、座席、ハンドル、ライトなどが運転手の都合で細かく調整できるところも気に入っています。

不満な点

一方で不満に思っている点をあげるとすると、一つは車内が若干狭く感じるシーンがある時です。そのシーンとは、運転席側の座椅子をマックスで後ろに下げたとき、運転席側の後部座席に乗る人の足を置くスペースがかなり少なくなり、人によっては窮屈に感じてしまいます。

これは運転手及び、後部座席に乗る人によるため一概には言えませんが、運転席側の座椅子をマックスで後ろに下げることを習慣にされている方は、運転席側の後部座席に人をのせる時だけは、座席を下げる幅に配慮が必要であると考えます。

次に、これも一概には言えませんが、後部座席のドア入り口が低いのか、乗車する際に頭をだいぶ下げて乗りこまないと頭をぶつけてしまうということです。過去に2、3度頭をぶつけてしまった経験があります。

自車以外に、他人の同車種でも頭をぶつけたので、気のせいではないと感じています。子供はまだ背が小さいため、今のところ頭をうったことはないですが、子供が頭をぶつけるのはとても危険なため、後ろに乗り込む際は必ず頭をぶつけないように注意させています。

最後に、これも細かい話ではありますが、スイッチ部分、エアコンの温度調整をする部分などが、貧弱なつくりになっている感があります。エアコンのスイッチボタンに関しては、買って1年ちょっとで押したボタンが戻ってこなくなり、購入店に持っていった経緯があります。

結果的には、部品不良とのことでしたが、もう少しがっちりとした部品で構成されていると安心があると感じます。

家族人数でレビューを探す
車のタイプでレビューを探す
車種でレビューを探す