3歳までの子供におすすめの絵本

現役ママに3歳までの子供におすすめの絵本を聞いてみました。

lucy2398さんの投稿
2015年11月25日 16時31分59秒

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)

大人気のだるまさんシリーズ。読み聞かせなんかには必ず出てくる絵本でした。 最初は児童館で見てから喜ぶ子供を見て購入を決めました。

ほとんどのお母さん達も持ってるよーの支持率が高いのはこの絵本です。 単品売りでの購入も可能です。だるまさんに合わせてだるまさんのしっぽや髪の毛、歯なんかが出てきます。

だるまさんがぷしゅーと潰れたり、だるまさんがで身体を揺らしながら子供が真似する姿はとても可愛いです。 左右に揺れる子供が待ち受ける次のページではだるまさんがにっこりしたりと3冊たっぷりで楽しめます。

頭の体操にもなると聞いたので必ず毎回一冊は見せてあげるようにしています。一歳の誕生日や産まれた赤ちゃん へのプレゼントにも最適です。

↓詳細はこちら
だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット) かがくいひろし 著/ブロンズ新社

かず (はじめてえほん)

手のひらサイズのカラー絵本で、娘が4か月の時に購入しました。見開きで1この題材がのっていて、たとえば”1”だと、左側に数字の1とその下に読み方、右のページにイラスト(1はパンダです)が数字の数分書かれています。

色がくっきりしているのと絵本自体が小さいために本全体が視界にきちんとおさまるのか、ジッと視線をはずさずにくいいるように見ていました。 大人の手のひらくらいのサイズなので、お出かけの時に邪魔にならず、お気に入りだからか外出先でも絵本を見ていれば大人しくしていてくれました。

自分でページをめくったりしたいのか、小さな手で本を開いてもって大人と同じような仕草ができるのも絵本自体が小さいからできるのだと思います。

↓詳細はこちら
かず (はじめてえほん)[本/雑誌] (児童書) / 石川日向/絵

しろくまちゃんのほっとけーき

下の娘が生後3ヶ月半の時に購入した絵本です。 まだ早いかなと思いましたが、呼びかけると振り向いたり、声で反応するようになったので2ヶ月過ぎてから読み聞かせてあげるようになりました。 コミニュケーションの一つとしても取り入れました。

最初のうちは読んでる途中に機嫌が悪くなったり、眠くてグズグズしましたが、そのうち私が読んでいるとじっと顔を見て聞いてくれるようになりました。 何冊か購入した絵本の中でも、この『しろくまちゃんのほっとけーき』は大好きで喜んで聞いていました。

絵も可愛いですし、何より最後にお片付けの場面まで書かれているのが良いと思いました。 ホットケーキにかかわらず食事をする上で、準備、それから片付け…これはとても大事なことなのでそういう場面でも後々『しろくまちゃんみたいにお片付けしましょ』と教える事ができるかなと思いました。

色々ある絵本の中でもこの本が大好きな娘は、私に似て食いしん坊になるのかなと成長を楽しみにしています。

↓詳細はこちら
しろくまちゃんのほっとけーき [ 若山憲 ]
pippo99さんの投稿
2015年11月23日 21時24分31秒

おとこのこトイレ

トイレトレーニングに向けて子供がトイレについて興味と理解を楽しく学べる絵本を探していました。 大人になると当たり前のトイレも子供にとっては、慣れるまで大変なんですよね。

内容を理解するまでに時間がかかるかもしれませんが、 可愛い絵柄の絵本を読み聞かせる事で少しずつでもトイレがどんな場所か理解できればと日々、読み聞かせています。

子供向けなので読み聞かせやすくて内容も分かりやすいようです。 次は?次は?と早くページをめくりたがったり これは何?と絵本に出てくる絵の名前を知りたがったりします。

一応、トイレには毎日行かせているので身近な話と理解してきたようです。

子供を育てるにあたり、トイレトレーニングは避けて通れない道。 親も学べる絵本だと思います。

↓詳細はこちら
おとこのこトイレ トイレトレーニングはこれ1冊でOK!!
akkomamaさんの投稿
2015年11月16日 23時12分01秒

だるまさんシリーズ「が・の・と」

だるまさんの絵本は保育園でも子どもたちに大人気です。絵の可愛らしさもそうですが、子どもたちが親しみやすい登場人物が多いと思います。 絵本に出てくる仕草も簡単なものばかりで、1歳になった頃から娘は絵本に合わせて真似をしたりしていました。 この仕草を真似るのがとても可愛くて、親だけでなく祖父母親戚などもメロメロです。

もう少し大きくなっておしゃべりができるようになったら、絵本に出てくる言葉を真似したりもできると思います。 絵本の中には、目や髪の毛などを示すものもあって、娘はこの絵本から毛や目を覚えています。 本のサイズも子どもの手に持ちやすい大きさですし、よく自分で持ってきます。 子どもの仕草や喜ぶ顔が嬉しくて、何度も繰り返し読んでしまう絵本です。

↓詳細はこちら
だるまさんシリーズ「が・の・と」

いないいないばああそび

この絵本は子どもが1歳のときに買いました。シリーズものになっていて、ほかの本も持っていますが、どれもおすすめです。 中を開くとしかけ絵本になっていて、しかけを動かすといないいないばあ!とキャラクターがいないいないばあをするようになっています。 単純なのですが、子どもには大ウケでした。何度も何度も読むようせがんできましたね。小さいうちはこういうシンプルな仕掛けが子どもの心に響くようです。

読む人によって、声の感じが違うのも楽しいようでした。お母さんが読むのとお父さんが読むのとでは迫力も違いますね。普段仕事で忙しいお父さんとの良いコミュニケーションツールになっているな、という感じでした。 絵柄が大きくて、素朴な感じなのもとても親しみが持ててよかったです。

↓詳細はこちら
いないいないばああそび
kei1981さんの投稿
2015年11月14日 20時06分20秒

たかこ

現在の生活において、あまり着物を着る子供の話を読む機会はないかもしれません。そんななか、この本は、着物を着た女の子が登場、そして着物という古風なものだけでなく、しゃべり方もまた特徴のあるしゃべり方をするのです。その様子が現代の子とギャップがあって、子供に大うけ。うちの子は何度も読んでくれと頼みました。着物の話、昔の言葉の話だけでなく、着物のカラフルな色を見て、色の勉強にもなります。

そして、この物語を読むと、どこで育った子供でも、どんな特徴を持つ子供でも、自然に仲良くなるし、共存していけるのだなあと考えさせられます。子どもだけでなく、大人も楽しめる絵本です。また表紙もインパクトがあっていいですよ。

↓詳細はこちら
たかこ

おつきさまこんばんは

この本は、とても簡単な本です。だから子供が0歳児から読んでいます。文章も簡単なので、子供も簡単に覚えてしまえるくらい。そして、簡単なストーリーながら、子供には、ドキドキする部分もあるようで、本のセリフと一緒に来ないで来ないでなんて連呼してしまうこともあるほど。夜になってお月様を見るとこの本を読んでとせがまれました。

そして、2歳になった今でも読んでと言います。日常でよく見るお月様が主役なので、親近感もあるし、物語に感情移入しやすい。簡単なお話なので、私もなるべく毎回感情をこめて読むように心がけています。また曇りや雨の日でもこれを読むと、お月様が見えるような気がして、とても気分がよくなって入眠をすることができます。

↓詳細はこちら
おつきさまこんばんは
ユッポさんの投稿
2015年11月09日 22時33分44秒

だるまさんが

店頭で人気シリーズのコーナーにおいてあり、手にとってみたら息子の反応がよくて買いました。 この本の同じシリーズに、だるまさんの、だるまさんともあり、すべて購入しました。 寝る前に読んであげるとごきげんになり、だるまの表情がつぎつぎとかわっていくところが子供にうけて、いっしょによむ大人もたのしめる絵本です。

0歳後半から3歳ぐらいのこどもに読み聞かせとしてとても良い内容で、理解しやすく、描かれている絵もかわいいのでおすすめです。 買って、しばらくたってたくさん読みあきたかなとおもっても、図書館で同じ本をみつけては読んで読んでと寄ってくるので、大好きな1冊なんだと感じています。 甥っ子や近所の友達がきたときなどもみんなで囲んでよめる本なので、みつけたらぜひ手に取ってお子さんに読んであげてほしいだるまさんシリーズです。

↓詳細はこちら
だるまさんが