子育て家族の車選び体験、パパママの車レビュー

小学生以下のお子様のパパママに、車を購入した際の体験談と車のレビューを書いてもらいました。子育て中のご家庭の車選びの参考にしてください。

lead-ballさんの投稿
2017年11月12日 11時25分20秒
年長と0歳の子供を持つ母親です。共働きで家庭の年収は700万程度。夫も私も車を運転しますが技術は高くないので、ぶつけることもしばしばあります。車は「消耗品」という考え方です。
 
【画像提供:カーセンサーnet 】

ホンダ フリードハイブリッド 2012年式

大阪府寝屋川市に在住している主婦です。夫と二人の子供の4人家族です。 共働きで普段は電車通勤をしていますので、主に土日の買い物やレジャー、雨が降った時の保育園の送り迎えなどに使用しています。

フリードを選んだ決め手

もともと軽自動車に乗っていましたが、二人目の妊娠を機に4人乗りではさすがに手狭になると思って乗用車へ乗り換えました。 購入するファミリーカーの候補としては1800CCクラスのものを考えていたのですが、実際に乗ってみるともともと軽自動車を乗っていたこともあり、車体が大きくて運転が不安になりました。

そこで1500ccクラスに排気量を落として車種を選んだところ、車高が比較的高くて子供の乗せ降ろしがしやすいフリードを購入することにしました。

車高が高いといっても、他者と比べるとスペックとしてはほんの僅かの差だったのですが、その少しの差が実際に乗ってみると随分と違うように感じました。天井が数センチ高いというだけでも感覚的にとても広く感じたのです。

お気に入りの点

燃費性能はハイブリッド車のため、格段に良くなりました。車に乗ることも多くないので、前回いつ給油したか忘れてしまうほど間が空くこともあります。ガソリンが高騰している昨今、この点は家計的に非常に助かっています。

信号待ちなど、ブレーキを踏んでいる間はエンジンがオートストップし、ブレーキから足を話すと自動的にエンジンがかかるようになっています。

ハイブリッドは運転していても静かで、以前の車と比べて音楽などもよく聞こえるようになりました。運転席ではよく聞こえるのに、後部座席では聞こえにくく、子供に「もっと音量を上げて」と言われることが多かったのですが、それもなくなりました。

ステーションワゴンとは言っても車体は大きすぎないので運転しやすく、女性が苦手とする車庫入れなども操作しやすいと思います。クッション性も良いので大きな揺れが軽減され、車に酔いやすかった子供も少し改善されたようです。

家族四人に加え、子供が小さいうちは何かと荷物が増えるものです。積載性に関して、特にベビーカーの積みやすさは車を選ぶ際の一つのポイントでした。

フリードの三列目シートは折りたたんで平にすることができます。その上に直接ベビーカーを寝かせて積むこともできるのですが、座席を引き上げて車体の側面部分に折りたためるようになっているため、座席一つ分の面積でベビーカーを縦に収納して多少の荷物も積み込めるのは有難かったです。

不満な点

全体的に購入して満足していますが、車の形状でフロントバンパーの角が僅かですが車体の横幅よりも広くなっています。デザイン性を重視しているのかもしれませんが、駐車時など車体の幅の感覚で幅寄せしようとすると縁石などに接触してしまいがちです。

また、エンジンのオートストップは燃費性能としてはありがたいのですが、坂道発進をするときは、エンジンがかかるまでのタイムラグがあるので、エンジンの踏み込みが遅れると少し後退してしまいます。車間距離を詰めて後方にほかの車両がいたときは、少しヒヤッとした経験があります。

積載性で座席を車体側面に折りたためるのはありがたいのですが、座席を天井についているフックに引っかける必要があります。手順は簡単なのですが、多少の力はいりますので、身長の低い方や、女性では慣れるまで手間取るかもしれません。

一応は7人乗りの車ですが、1800ccクラスと比べるとやはり居住性はランクが落ちます。三列目は普段使用しませんが、お客さんを迎えて乗せるときはシートが硬いので気を遣います。

特に我が家は二列目にチャイルドシートを二つ設置しており、固定するサーポートレッグがついているので、二列目の座席を前後に移動させることができません。そのため、三列目に乗車するのは二列目の真ん中の通路を通っていく必要があり、また乗ってからも足元が狭いので窮屈な思いをすることになります。

おすすめの車内グッズ

車内につけているアクセサリーで非常に便利なのがソフトアシストグリップです。

ヘッドレストの首の部分につけるハンドルのようなもので、低反発のウレタン素材でできたものです。丈夫なので、乗り降りする際に少し握るものが欲しいなと思った時、ヘッドレストあたりにこのハンドルがあるととても乗り降りがしやすく便利です。


子供がある程度大きくなり、自分でチャイルドシートから降りようとすることが多くなりましたが、シートは高さがありますので開け放ったスライドドアからそのまま飛び降りようとします。このアシストグリップをつけてからは、まずグリップを握ってからシートを降り、そのあとに車外へ出るという二段階の降り方をしてくれるようになりました。

子供のために装着したアクセサリーですが、祖父や祖母も三列目のシートに乗ることがあるのですが、特に力の弱い祖母はこれがあると掴まりやすくて助かると言っています。 そして、グリップの両端には荷物をかけることができるフックがついています。重たい荷物を吊り下げてもびくともしませんので、何かと荷物が多い子育て中の世代には重宝されると思います。

あまりに便利なため、運転席と助手席のヘッドレストに装着しています。

家族人数でレビューを探す
車のタイプでレビューを探す
車種でレビューを探す